住宅ローンを選ぶときに注意するポイントは?

住宅ローンはこれから長い年月をかけて多くのお金を支払うものであり、利用にあたってはどのような商品を選択すべきかよく考える必要があります。そんな住宅ローンを選ぶときのポイントとしてはどのような点が挙げられるのでしょうか。

 

まず近年の住宅ローンの特徴として、非常に多くの金融機関で様々な商品が提供されているということがあり、その種類はさらに急速に増えているという現状があります。

 

選択肢が多くあるというのは私たち消費者にとってメリットが大きいのですが、その一方でどこを利用すればいいのかというのは非常に分かりにくくなっており、ローンを選ぶときのポイントはしっかりと押えておく必要があるのです。

 

返済金額を小さく抑えるためのポイント

 

まず最初に押えておくべきは、返済金額をいかに低く抑えるかということで、金利について確認しておく必要があります。ただし、住宅ローンを選ぶときは金利だけに捉われるのではなく視野を広げて手数料や保証料についてもよく見ておきたいところです。

 

金利はそれぞれの金融機関もしくは商品において異なるのはご存知の通りなのですが、手数料や保証料に関してもそれぞれにより違いがありますので、そうした手数料や保証料などの費用を含めたトータルでどれくらいのお金が必要になるのかを確認すると良いといえます。

 

Point 金利だけでなく手数料や保証料などトータルで考える

 

ライフプランについても考えながら商品を選ぶ

 

また返済の総額を見る中では月々の返済額はもとより、これから先の長い人生におけるライフプランについてもよく考えながら商品を選ぶということも住宅ローンを選ぶときのポイントです。

 

よく言われているところでは返済額の目安として年収の25%以内に収めるということがあるのですが、一方で早く返せばそれだけ金利負担分を抑えられるということもあります。

 

このあたりは返済期間の設定にも大きなかかわりがあるのですが、ローンにより申込者の年齢であらかじめ最長返済期間が設定されることもありますので、そうした情報についても確認しておくと良いでしょう。

 

また、返済プランを考える際は、今の収入と支出だけで考えてはいけません。将来おおきなお金がかかるものとして「結婚・出産・子供の学費・老後資金」などがあります。ここを考えずにプランを立てても大きくずれが生じてしまいますのでしっかりと考慮してプランを考えましょう。心配な方は一度FP(ファイナンシャルプランナー)にライフプランの相談をしてみるとよいかもしれません。

 

Point 結婚・出産・子供の学費・老後資金などの人生でかかる大きなお金を考慮して長期で考える

 

さらにこれ以外でも返済方法・返済期間・融資条件・諸経費などをはじめ選ぶときのポイントは様々ありますので、ご自身にぴったりと合う住宅ローンを探してみましょう。

住宅ローン借り換えの申し込みをする前に

住宅ローン借り換えの際にはいくつか注意点があります。ポイントを外すと経費だけかけた「意味のない借り換え」になってしまうので注意しましょう。 住宅ローン借り換えの申し込みの注意点はこちら

住宅ローンを選ぶときのポイント/賢い住宅ローンの組み方・借り換え方記事一覧

住宅ローンを利用する際にまず気になるのが金利ですね。どのくらい金利がかかるのか?そしてその結果どのくらい支払うことになるのか?住宅ローンを組むときにこの金利は少し違うだけでも最終的に大きな金額の差になります。住宅ローンの金利はすべてが同じ物ではなく、いくつかのタイプに分かれています。大きく分けると2...

住宅ローンを組む際にはどこの金融機関のどういった商品を選ぶかを選択することになるのですが、その際にはローンの頭金をどうするかということも悩ましいと言えます。先の支払額を大きくすれば後の毎月の負担額を減らして支払い期間を圧縮させることもできるので、家を建てる前にまずは頭金を増やすために貯蓄に励んでいる...

住宅ローンは様々な金融機関で利用することができ、預金取り扱い金融機関では普通銀行・信託銀行・信用金庫・JAバンク・労働金庫などから、それ以外にも信販会社・ノンバンク・住宅金融専門会社・住宅金融支援機構・生命保険会社などと様々あります。それぞれの業種でさらに多くの金融機関がサービスを展開しているわけで...