繰上げ返済をして損するケースも

住宅ローンは長期にわたり返済するものであり、その期間中には元本に加えて金利分も返済を行う必要があります。

 

返済期間が長くなればその分だけ利息の返済額が膨らむことになりますので、できるだけ返済期間を減らそうと繰り上げ返済をする方も多いようです。たしかに支払いの総額が少しでも減るなら余裕があるときに返済してしまったほうが将来支払う利息も減るのですが、繰り上げての返済というのは多少無理があっても行うべきなのでしょうか。

 

この繰上げ返済について考える際には、金利負担分がどう変わるのかという点にしか目が行かないものですが、それ以外にも住宅ローン減税についても併せて考えていく必要があります。

 

繰上げ返済で住宅ローン減税が減るケースに注意

 

住宅ローン減税とは、住宅ローンを利用して住宅を購入した場合に10年間にわたり支払った所得税の還付を受けることができるという制度です。

 

この制度では、たとえば2013年に居住を開始した場合には年末の住宅ローンの残高が2000万円以上ある場合、所得税と住民税からローン残高の1%が控除されます。つまり残高が2000万円以上あるなら最大で20万円税金を払わなくてよくなることになります。これが10年間続くので、ここで得られるメリットは非常に大きいのです。

 

つまり繰り上げ返済を考える時は、住宅ローン減税により控除される金額についても考える必要があります。控除額が大きければそれほど早く返さなくてもよいですし、また控除額が低い場合には早期に返済していった方がより良いと言えます。

 

ただしこのあたりの計算については個人では分かりにくいといえますので、金融機関などの専門家に相談したほうが良いでしょう。

住宅ローン借り換えの申し込みをする前に

住宅ローン借り換えの際にはいくつか注意点があります。ポイントを外すと経費だけかけた「意味のない借り換え」になってしまうので注意しましょう。 住宅ローン借り換えの申し込みの注意点はこちら