資産運用はキャッシュフローの仕組みから

資産運用を始めるには、まずお金の流れそのものを理解する必要があります。

 

そのお金の流れのことを「キャッシュフロー」と言います。
キャッシュフローは大きく分けて3つの要素から
成り立ちます。

 

収入 支出 余剰資金

お金のことを考えるにも、上から順に考えましょう。

 

まずは何がなくても収入ですね。
収入を作ることからお金のやりくりは始まります。

 

次に支出です。
収入を確保すると、支出を作ることができます。
支出の内訳も、住宅や光熱費など定期的にかかる固定支出、
食費やレジャーなど毎月変動する変動支出の2つに分けることができます。
また、バースデープレゼントや結婚式のご祝儀などは変動支出の1つですが、
一時支出として別枠で考えることも。

 

そして、この収入と支出を上手にやりくりすることで余剰資金が生まれます。

 

 

この余剰資金を資産運用するか排出するかが分岐点

 

この余剰資金を更に収入へ回すのか、
貯めて大きく支出として排出するのか。
これが資産運用や単純にお金を生み出す、
という時にとても大切なポイントになるのです。

 

節約術や家計のやりくりとして支出の部分だけに注目することも
しばしばありますが、そこでこの3要素全体を絡めると、
もっとお金は効率良く生まれます。

 

 

生活のためだけに消費していては未来がありません

 

有名なのが、配偶者がパート収入を150万稼ぐ場合と100万までに抑える場合。
扶養に入れば扶養主の税金が優遇され、健康保険料や年金保険料も削減できます。
実際に手取り収入としても双方共に同額程度になります。

 

また、資産運用をする場合も、毎月1万円の生命保険料を保障額が
同じ一時払い生命保険に変更します。

 

それに200万円必要だとすれば、200万円の元本で以降毎月1万円生み出す
(年間単利で6%)資産運用をしているのと同等の効果が得られます。
余剰資金を投入することで、支出を削るというバランスでお金を生み出すのですね。

 

 

 

キャッシュフローの仕組みを理解することで、
お金を生み出す方法は劇的に増えます。
まずはキャッシュフローの仕組みから理解して、
お金を生み出せる自分になりませんか?


 


このページの先頭へ戻る