ビジネス実務法務検定の資格取得

東大博士である森田氏が開発した「天才脳」の開発方法
紹介制で限られた方しか受講できなかったあの内容がついに一般公開されました!

需要の高まるビジネス実務法務検定

ビジネス実務法務検定に対する需要は、日を追うごとに高まっているのではないでしょうか。就職時にビジネス実務法務検定が大きな武器になることは容易に想像できます。だからと言ってビジネス実務法務検定がサラリーマンに求められる必須スキルかというと、必ずしもそうとは限らないでしょう。全員が同じだけの能力を有している状態は理想的でも、それは現実的に難しいです。

 

特にビジネス実務法務検定は、上級になると取得難易度が跳ね上がるため資格所持者自体がそう多くないと想定されます。なら下級でも良いのではないか、と思うのですがビジネス実務法務検定の三級は法に知識のある方なら容易という意見が多いです。それだけ用意になってしまうと、ビジネス実務法務検定の存在価値自体を疑ってしまいますからね。

ビジネス実務法務検定とは

ビジネス実務法務検定というのは、その名称からも分かるようにビジネスにおける法令遵守能力を問うものです。これでは少々分かり難いので、もうちょっと見やすくしてみましょう。

 

会社は様々な人や団体が複雑に関係しており、ビジネス実務法務検定は会社をそれら人や団体との間で起こる法律トラブルから会社を守るための資格です。つまり、区分は違いますが弁護士や行政書士と関係は近いと言えるでしょう。

 

少し遡って、ビジネス実務法務検定の三級は法に知識のある方なら容易としましたね。法のプロにとっては容易いと言われるビジネス実務法務検定三級は、全くの素人にとっても入りやすいのです。そのため、資格全体でも上位に位置する難易度を誇るビジネス実務法務検定一級とはまるで異なる印象を受けるでしょう。

 

就職に際してビジネス実務法務検定一級を取得していなければ役に立たない、ということもありません。現実的なところで、二級を取得していれば最低限として考えられることもあるようです。もちろん、自信が無いなら無理に背伸びをせずビジネス実務法務検定三級から目指してみたいですね。

ビジネス実務法務検定の資格取得の難易度

ビジネス実務法務検定の取得を目指すなら、しっかりした勉強が必要です。ビジネス実務法務検定三級は独学でも取得が可能と言われていますが、当然ながら二級一級と上位に向かうにつれ難易度は高くなります。

 

三級を取得して思ったより簡単だな、なんて油断をしていると二級に落ちるでしょう。本格的なビジネス実務法務検定は二級から始まる、とさえ言っても良いのではないでしょうか。

 

一級の取得に関しては、難易度の関係からビジネス実務法務検定ではなく類似する別の資格取得を目指した方が良いとさえ言われることもあります。ビジネス実務法務検定でどんな問題が出題されるか、どんな人材が求められているかはブログやサイトからチェックする事が出来ます。

 

ビジネス実務法務検定試験 - 東京商工会議所